ホーム > バイオセーフティ > 安全キャビネット・クリーンベンチ等の点検

安全キャビネット・クリーンベンチ等の点検

安全キャビネット・クリーンベンチ等の点検

ご存知ですか? 安全キャビネットには定期点検が必要です!

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」(平成19年6月1日改正)により、1種~3種病原体使用施設は年一回以上、4種病原体使用施設は定期的に、点検を行なうことが義務化されました。

メーカーを問わず、ほぼすべての機種の点検が可能です。お気軽にお問い合わせください。

安全キャビネットとクリーンベンチ、点検の違い

風速測定の内容が異なります。

安全キャビネットの構造と点検

【 機器の目的 】
コンタミの防止と作業者の安全確保

【 点検内容 】
二項目の風量を調整(吹き出し風速、流入風速)

【 解説 】
安全キャビネットは、空気の流れのバランスによってその性能を 維持しています。バランスが崩れるとコンタミの発生、作業者への 感染のいずれか、または両方の危険があります。HEPAフィルタの 目詰まり、ファンの劣化等によりバランスの崩れ方は都度異なるため、 定期点検および調整が必要となります。

クリーンベンチの構造と点検

【 機器の目的 】
コンタミの防止

【 点検内容 】
一定以上の風量があることを確認(吹き出し風速)

【 解説 】
クリーンベンチは、HEPAフィルタを通した空気が一方向に吹き出す 構造です。(一部のバイオクリーンベンチ等では異なります)
このため、風速測定は「吹出し風速」のみの測定となり、
「一定量以上の風量があることを確認する」 ことが目的となります。

バイオハザード対策用クラスIIキャビネットの性能評価試験(およびメンテナンス)

除染

病原体などを扱う安全キャビネットは点検の前に除染が必要です。
・除染はホルムアルデヒドガスによる燻蒸菌にて行ないます。
・方法は、JIS K3800:2009「バイオハザード対策用クラスIIキャビネット」付属書3に沿って行います。

検査項目

検査項目は JIS K 3800にある「現場検査(設置後検査・維持管理検査)」が基本となります。

【 基本項目 】
・風速試験(吹出し風速・流入風速)
・HEPAフィルタ透過率試験
【 オプション 】
・気流方向性試験

検査方法は、(社)日本空気清浄協会が定めた「バイオハザード対策用クラスIIキャビネット現場検査マニュアル」に 基づきます。メーカーが定めた性能基準を満たしているかを検査します。(逸脱している場合は可能な限り調整します。)
メーカーが定めた性能基準を満たしているかを検査します。(逸脱している場合は可能な限り調整します。)

クリーンベンチの性能評価試験

・HEPAフィルターの走査漏れ試験
・風速、風量試験
・清浄度(塵埃測定)試験
試験方法は、JIS B9922:2001「クリーンベンチ」により行います。

ドラフトチャンバーの性能評価試験

ドラフトチャンバー等の局所排気装置は、定期的に自主点検を行うことが法律(特化物・有機物規則等)で定められています。
弊社では、お客様の代行として局所排気装置の点検を行っています。
点検方法は、厚生労働省規定の「定期自主検査指針」により行います。

ドラフトチャンバーは空気を吸い込む最低の速度(風速)が法律で定められています(制御風速)

適切でないドラフトチャンバーを使用しますと、内部の有害物質を封じ込めることが出来ず、部屋内に漏れ出す可能性が高くなります。
この場合は、法律違反だけではなく健康被害を受けてしまいます。

ケミカルハザード

局所排気装置等のメンテナンス

毒劇物、毒劇薬、特定化学物質、有機溶剤、活性化物質など作業や実験、医療の現場で多くの有害な物質が取り扱われています。
それらの有害物質は局所排気装置等を用いることで封じ込めを行い、室内や作業者への暴露を防止できます。
しかし局所排気装置等のメンテナンス時は適切な方法を行わないと装置内に付着した有害物質が室内へ漏洩する可能性があります。
弊社では、室内に有害物質の漏洩を極力防止する方法でメンテナンス作業を行います。

共通項目(メンテナンス)

ホルムアルデヒドガス殺菌

安全キャビネットの点検には事前にホルムアルデヒドガス殺菌が必要となります。このときホルムアルデヒドガスは有害で臭気の強いガスであるため室内排気型の安全キャビネットの場合は移動や排気ダクト設置などが必要となっていました。

当社では「安全キャビネット型のホルムアルデヒドガス発生器(MiniBAS-S)」に加えて「安全キャビネット型ホルムアルデヒドガス分解装置(SCT-2000)」を開発し、環境にやさしいホルムアルデヒドガス殺菌を容易に「安全」で「確実」に行うことができ、コスト削減となります。

HEPAフィルタ交換

点検(フィルタ交換)をメーカーを問わず行えますので複数メーカーの安全キャビネットを所有されているお客様も複数業者へ発注する必要がなく、コスト削減となります。

参考写真


安全キャビネット型ホルムアルデヒドガス発生器
MiniBAS-S

安全キャビネット型ホルムアルデヒドガス分解装置
SCT-2000

透過率試験

風速試験

私どもスタッフは、(社)日本空気清浄協会の主催により行なわれている、安全キャビネット現場検査員の養成と能力の向上を図るための「クラスIIキャビネット現場検査技術研修セミナー」を受講したメンバー、および特定非営利活動法人(NPO法人)バイオメディカルサイエンス研究会主催の「病原体等取り扱い関係者の微生物・バイオセーフティ技術講習会」を受講したメンバーが作業を指揮し行いますので安心してお任せください。

このページの先頭へ